振り返る

その前の年から大阪に住む93になる伯母のことで心労、疲労を抱えながら年越しして新年を迎え年頭はイライラしていたようだ

あまり覚えてない 

一年前のことがはるか前のことのように思える

ツイッター辿ってみたら色々。

意外と充実してたやん

 

新年早々代講から仕事が始まった

朝から結構な距離を移動せねばならず大変だった

一年前の1日だけの代講、覚えてくれた子たちがいた

どうしてるかなぁ  あの子たち のんちゃん!

 

 

 

面倒な事、色々処理した

やれるだけの事やった

 

代講終わる頃急に代講ではない正式な仕事の依頼があった 

これもスタートから大変だったけど乗り切った

そこの子たち、お母さん達も「この先生、知ってる!」て

イベントで毎年来ていたらしく私のことを覚えていてくれてた

何年も前に私の体験レッスンを受けたことがあると言うお母さんもいた

この時長年続けてきた甲斐があったと思った

少し報われた気がした

 

 

そう、スティーブンタイラーのライブ行ったのが4月

勿論良くもあったんだけど

スティーブンタイラーは当然だけど熟練の域

熟練した彼に私はもう用ないの

で、シニアが多いライブはもう行きたくないと思った

なんか嫌  

その後妹に誘われた無料ライブは断った 

 

 

中国語も二期目に入った 

だいぶんと分かってきた

予習復習も苦じゃない

スペイン語は入門クラスに飽きて初級へ

レベル上げてよかった  

 

どう学ぶかわかってるんだと気づいた

教える立場として、自分がやっていることに自信が持てると思った

 

5月に入って引き継ぎの仕事も軌道に乗ってきた

半ば頃秋にやるイベントの実行メンバーを引き受けざる負えなくなった

けど、勢いづいてる私はちょいチャンスかもと思った

 

7月頃からイベント準備が始まった

これも前途多難なスタートでどうなるかと思ったけど

うまくいった

しんどかった

けど、たくさん学んだ

 

11月にあった別のイベントはちょい失敗

何が原因かと思う

一昨年とどこが何が違ったのか

明らかに違ったのは自分で作った紙芝居の出来

今回は今回で苦労したのに 

比べるとそこに込められた思いが薄かったかな、、?

これまでにやって成功したものを取り入れたので上手くいくのは当たり前だと思ってた

この安心が駄目だったのかもしれない

 

どちらにせよ

Nちゃんがイメージするイベントに乗り切れないのは確かだ

そこを自分なりにやることが課題

 

Rくんに会ったのは何時だっけ

ショッキングなことを彼は話した

自死した若者のこと

後で気づいたけど、私は遺された人達の立場で話すことはなかった

その若者になり代わっていた

 

 

「死ぬ勇気」と「生きる勇気」ずっと考えてる

 

同列に思う

 

そうだ

従弟が伯母のことで電話してきたのはいつだっけ

ひどく厄介  

彼は自分が何を言ってるのか分かってなかった

あのままならもう一切話したくない

話にならないから

 

 

結局、伯母のこと彼に一任することに。

私が望んだ訳ではないのに

 

スペイン語講座文集を作ることになり

確か締め切りは夏の暑い時

困った

テーマは「私とスペイン語

縁もゆかりもないスペイン語

結局、縁もゆかりもありませんと書いたようなもの

 

他の皆さん、文章がお上手なの

私、これだけブログ書いてるのに下手くそなのはなんで?

 

文章教室行こうかと少し思う

小説書きたい

小説家になりたいのではなく、小説書きたい

ネタがたまり過ぎた  早く吐き出したい

 

 

続く 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完璧である必要はなく

私はようやく生きるのが楽しい

今までに失ったものも取り返しつつある

 

私は家も思い出の品もお気に入りの絵も洋服も新品の靴もバッグも何もかも失ったけど

意外とそんなものはどうでもいい物だった

両親はいつか亡くなるし

 

だけど、信頼だけは

取り戻すべきものだ

 

 

だけど、必死になって取り戻さなければならないものでもなかった

必死にならなくても取り返せる

どうやらそれまでに払った対価で十分のようなのだ

 

ありのままの私でよい

 

そのまま向き合い

対処する

できなかったら

できなかった理由があるだけ

 

完璧である必要はなく

何か、誰かが補完してくれる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Patarson は 実在する (『パターソン』ジム・ジャームッシュ)

今日はオフ

水曜は割引てことに気づいて

久々シネリーブルへ

何観ようか迷ったけど

カウリスマキが引退するって頭にあったせいか

ジャームッシュ観ることにした

まぁハズレないていうか

なんか好き

 

Paterson て映画

相変わらずの感じ

 

裏切られない

 

淡々と人が現れ去る

の繰り返し

少しずつ変わるのがいいのだろう

同じテンポだから

お金かからないだろうなぁ

て 終わってから思う

 

観てる間は淡々のリズムに同調している

 

 

 最後にちょっと私のリズムが狂う

永瀬正敏登場

彼の英語、もっと日本人ぽかったら良かったのに

 

けっこう練習しただろうこと思うと

敢えてそうしたのか。。。

 

ばりばり日本人アクセントだったらどうだろう

アメリカ映画でお決まりの日本人アクセントはもうアウト

なのかもね

ジャームッシュはスタイリッシュだもの

 

 

偶然とおバカでできてる世界

 

本当は偶然て存在しないことを

ジャームッシュは知っているのかも

 

patarn person で patarson か

ちゃんと向き合う

今年の夏は夜通しエアコンをかけると決め

体はこれまでの夏より楽だ

 

 

9月に入った

最低気温が25度とかになって

かなり涼しい

エアコンはつけてない

 

よかった

夏を無事越せそうだ

 

 

 

自律神経やられてる私は

感じる暑さは自分のせいであると思っていた

自律神経が上手く機能すれば過ごし易くなると思っていた

実際そうだった

 

汗をかくようになったら体表温度が下がる

心が穏やかだと体感温度は確実に下がる

 

さらに気持ちも向上すると、暑さをどうするか対策を考えるようになった

 

遮光カーテンをつけた

カーテンのない小さめの窓には車用の日除け  

できる限り日光を入れないよう工夫

マットレスを使わない、、、体温を発散

サーキュレーター購入

煮炊き減らす   など

 

家の中は随分と快適もどきとなり、過ごせるようなった

バンザイ!

 

 

トラブル、ちょっとした困難、にちゃんと向き合い対処することは

楽しいことなのだ

 

 

 

◼️

 

 

講師の仕事は常に孤独

だけどクラスを統治する王様でもある

 

王様同士が集まってグループで何かやる場合

けっこう難しい

 

私は最年長なので

最年長なりの役割を果たさないと

と一応思っている

 

初っ端からトラブったけど

第一難関突破

 

第二難関も

 

 

まだまだあるだろけど

大丈夫

 

やだけど

やる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国語10ヶ月

中国語

10ヶ月修了

 

自分で整理できていた初歩の文法で構成されていたテキストの文章が

段々とこれまでの文法知識ではカバーできないのが多々登場するようになった

 

先生の説明ではカバーしきれないのだ

質問してもかえって例外が増え、分からなくなる

 

それでも質問するけど

面白いから

 

先生を非難してるのではないの

中国語ってそんなものなんじゃないかと思ってる

 

まず、やっぱり私の勘どおり

品詞の概念はフィットしないような気がする

品詞で説明するとなんか矛盾が生じてくる

 

中国語文法の歴史はまだ浅いとクラスメイトのmさんは言っていた

まだちゃんと確立されてないと思った方がいいのではないか

 

私とmさんの結論は

文法的にこれは絶対ダメというのはあっても

これでないと絶対ダメというのはないのかも

 

まぁこれは中国語に限ったことではないとは思うけど

中国語はより寛大なのではないか

という予感がする

 

どの言語にも言えるのは

文法が先にあったわけではなく言葉が先なんだから

こんな多様でいい加減な生身の人間が喋ってるんだもの

きちんとルール化できるわけがない

てこと

 

 

 

また来季も引き続き受講する

 

 

適当に頑張る

魂は年をとらない

スペイン語クラスの新入生の中にYさんという

お年はたぶん80歳は超えておられる方がおられる

 

Yさんは理路整然としたクリアな話をされる

私なんかよりよっぽど知的レベルは上だ  

 

なのに

Yさんは時々、こんなおばあさんが。。。という物言いをされる

本心半分くらいのトーンだと私には聞こえる

 

 

おそらく、Yさんは

世間はそう思っているだろうから

と、ご自分であらかじめ応えを用意しておられてそれをおっしゃっている

と私はふんでいる

 

私も、たぶんクラスのどなたも、

年不相応なことをなさってるとは思ってない

 

私はYさんの魂を感じとっているので

年齢なんか関係ないんです

 

て言って差し上げたいけど

通じないだろうなぁ

 

 

 

100万分の一

最近、睡眠と認知症の関係が取り沙汰されてる

私、危ないなぁ

長生きしなけりゃいいんだけど

私が決めるんじゃない

 

私は私を模索しながら私を生きてきたけど

私が距離を感じる原因がそこにあるようで

この世に沿いながら生きてきた人たちとは違う言葉を喋ってるように思う

 

だからかな

通じてないなぁと感じる

 

mちゃんは本音言わない

LINEの言葉は差し障りない言葉しか使わない

それが良いことと思っているようだ  

100万人をカバーできる言葉をわざわざ選んでいるかのよう

 

 私は、私って100万分の一の値打ちね

と嬉しくないんだけど