読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉にセンシティブすぎるってわけ?

ある日のLINE


私…王将でエビチリ定食食べた後、鯛焼き食べておまけに菓子パンも食べてしもた


友人A「王将に一人で入れるなんてあっぱれ」

友人B「食べられるのは幸せ」

友人C「健康な証拠」

ですって
みんなマジだよ



ほんと困る
誰かアホちゃうか!つっこんでよ
自虐ぼやきなんだからさ



それにしても
もうこの手の「あなたは悪くない」的な言葉、
もううんざり
みんな優しいの
優しすぎるの

「あなた悪くない」て私を肯定してくれてるつもりなんだと思うけど
なんか違う
私、否定されてない?


今回のは冗談だからどうでもいいんだけど
いやどうでもよくない
この会話が鬱陶しい



▪️

本題


事実を直視しない
視界に相手がいない
あまりにも常識的な、正論で返す
言われた方はもう何も言えない

誰に対して言ったって成立する正論
私のこと見て言ってないってことでしょ
そんなつもりはないのは分かってるけど

「食べれるって幸せ」
人生の一通りを経験した彼女たちにとって今リアルな言葉なのかもしれない

だけどそれ、自分で噛みしめる言葉でしょ
もしくは自己肯定する時の言葉やん
他人に使うな
子供ならまだしも同い年に向かって言わないで

Bに、アホちゃうかって言ってよ
て言うと

「息子の友達が心筋梗塞で突然亡くなってショックで
食べれるって幸せだなぁと思ったものだから。。。」
いやいや、、、そんなマジに受け取ってもらっても😅


私もバカで思わず同情してしまったけど
よくよく考えたらそのことと私、どういう関係があるんだ。。。?

Bに「顔ぱんぱんやわ」また言うてもた
そしたら
「しょぼくれてしわしわよりいいよ」
やて

いつまで続くのこの落ちのない会話😂


はぁ
こんなええ年しててなんでこんなことで愚痴らなあかんの
私? おかしいのは?
「そっかー ハハ」で済ますべきなんかい?


まだあるわ

独り身の私に
「天涯孤独てわけではないし」て言って慰めてくれた友人がいた
そんなこと思ったことない

今になって子供ほしいなぁて思うて言ったら
「犯罪おこす子供、親殺す子もいる 良い子ばかりとは限らない」
て慰めてくれる
本気なわけないやん
😅返す言葉ないわ

私の波乱万丈人生一部吐露したら
「決してアンラッキーじゃないよ」て

私、自分をアンラッキーて思ってない



友人たち、20歳から成長してないんじゃないかと思うことがある





ネガティブになるのを
私の友人たちは許さない

世間もそうじゃない?


あっち行ってもこっち行ってもよく見もせず
傷はたいしたことない
みんな傷はあるんだよと異口同音に言われて帰される

愚痴の一つも言えやしない
弱音一つはけやしない

ちがう?



ていうか
私はネガティブになってさえいないんだけど
独り身というのは事実であって悩みではない
王将の話なんて論外
食べ過ぎたってだけで😅

子供なんて地球が逆さになったって産めるわけない
悩みじゃない
なんなん?


ことなかれ主義?



ポジティブ志向?


ネガティブな言葉をポジティブな言葉に変えて困難を乗り越えるんだよね
そうなんだよね
辛い事に見舞われても
「これは試練」「神さまは越えられない試練は与えない」
「ピンチこそチャンス」
まぁね





友人たち、
良い人すぎるのか
言霊を信じてるのか
”ネガティブ”を受け入れる勇気がないか
想像力があまりないか


自己防衛か?

自己防衛は個人の自由で権利

仕方ないか

私の愛すべき友人たちってことには変わりないし




私が言葉にセンシティブすぎるのかもしれない