読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディケンズ修了

これが文学をやるということか

関西アクセントながら言葉は明解
親しみやすい雰囲気の女性教授
今回もディケンズ一冊読んだ気になった
作家ディケンズのこと、クリスマスキャロルのエッセンスはきっちり語ってくれた
お得だ

英国の雰囲気をリアルに感じるのは
ストリートビューのおかげか

そうかぁ
ルイスキャロルは同時代か

自分で読み始めたらきっとディケンズは途中で投げ出すわ
私の好みではない
その意味でもありがたい


暗にこだわり過ぎでは?と言われてしまった
ディケンズはどう 「spirit」「ghost」「phantom」を使い分けてるかがどうしても気になった

phantom以外はおそらく単純に、反復を避けるためだとなんとなくわかったので
教授は正しいのかも

全部想像の域をでない

私はせいぜいここまでか。。。